新着情報

【報告】2018.11 芙蓉総合リース株式会社様と連携事業(リユースPCを就労支援施設に寄贈)

  • LINEで送る

2018年11月16日 芙蓉総合リース株式会社様より、日本パラスポーツ推進機構あて、リユースPCを無償提供していただき、それらを5ヶ所の就労支援施設に寄贈しました。

■障がい者就労支援施設へPCを寄贈をする趣旨・目的

これは、パソコンを活用した障がい者の就労支援を実現するべく、芙蓉総合リース株式会社様のご理解をいただき実現したものです。今回は、初めての試みで、16台のPCを5ヶ所の就労支援施設に寄贈しました。今後は、毎年20台程度のPCを当機構にご寄付いただき、当機構は、それらをパソコンを活用した多様な継続就労訓練が可能になるように、全国の就労支援施設に寄贈していきます。

■就労支援施設での活用

・継続就労に向けた訓練に活用

就労支援施設では、農業や軽作業だけでなく、マンガやキャラクター作りなどのデザイナー業務をこなす等、継続就労に向けた訓練を行うことが出来るようになりました。

・個人の適正に合わせた多様な訓練

パソコンの老朽化や台数不足で十分な訓練が出来ていない施設が多い中、個人の健康状態や能力に合わせた、より高い質の訓練が出来るようになりました。

■就労支援施設の声

〇(山梨県)特定非営利活動法人 ジョブクリエーター

施設利用者にPC研修を実施しました。早速、今後の植付け予定の作物の栽培方法などを、自主的にネット検索し、研究しています。今後は、「ネット販売」に力を入れ、生産から販売までを計画的に行い、利用者が自ら収穫したものを、自らの販売ルートで販売できるよう、「自立自活のきっかけ作り」を体験学習してもらいます。利用者、職員一同感謝申し上げます。

〇(秋田県)NPO法人秋田福祉共生会 精神障がい者支援施設 ごろりんはうす

7年前の古いパソコンが壊れてしまい、使えない状態で放置されていましたが、やっとみんなが使える環境が整いました。大きな画面にみんなが歓声を上げました。ノートPCも快適に動き、喜んでいます。たくさん寄贈いただきありがとうございました。

〇(山梨県)特定非営利活動法人 ヒューマンサポート翼 就労支援センター いちごいちえ

今までパソコンに触れることがなかった人が触れるようになったり、視覚障害がある人が文字を大きくして見ようと努力したりと、出来なかったことにも挑戦しようという気持ちを持つ人が増えてきました。今後、パソコンを利用し、みんなに「挑戦」してもらえるようなプログラムを考えていきたいと思います。ありがとうございました。

〇(岩手県)非営利型一般社団法人 かたつむり

今まで共有していたパソコンより綺麗でびっくりです。ありがとうございます。みんなで活用させていただきます。

〇(岩手県)社会福祉法人 自立更生会 北上アビリティー

大船渡の障がい者就労支援施設「かたつむり」さんとのご縁で、このような恩恵を受けることができ、本当に感謝です。ご縁にも感謝します。大いに活用させていただきます。

たくさんの喜びの声を、芙蓉総合リース様にお伝えしました。ありがとうございました。

■日本パラスポーツ推進機構は、障がいのある人もない人も地域で共に心豊かに暮らせるよう、みなさんの活動を応援します!

一般社団法人 日本パラスポーツ推進機構(APSPJ)

  • LINEで送る